『寄席やい』

『寄席やい』

旦那。旦那!朝から喧しいね。何だい、与太郎かい。与太郎与太郎ってバカにしねぇでください。今じゃ、すっかりキラキラネームですぜ。何がキラキラだよ、キラワレネームの間違いだろ、バカ。あんたはまだ、いいけどね。愛されるバカはいつの時代でもいるからね。あたしゃ何何だい。朝からバカの話を聞いてやる奴なんて、今じゃ、いやしないよ。それでね、旦那。やっぱり、人の話を聞いちゃいないね、この人は。まぁ、いいや、で、どうしたんだい?実は過払い金の話でね。え〜!現代的だね。意外といいよ、お前。聞こう、聞こう。で、で?こないだメールで連絡してくれたサングラスかけた優しそうなオジさんに会ってね。え?金貸してやるって、こう言うんですよ。まさか、借りたりしてないよね。普通、借りるじゃないですか?貸してくれるって言ってんですから。借りないよ、バカ!だって利子付かないって言うんですよ。そんな訳があるかい。ホント、ホント。100万借りて3日で返せば利子0円。返せる訳ないだろ、バカ!バカ、バカ言わないで下さい!あっしだってそんなバカじゃないんだ。あ〜、良かった。じゃあ、使わずに返したんだね。心配させるん

じゃないよ、まったく。使いました。え〜!いくら?1円。1円?も、残さず。この、バカ中のバカ!何をやってるんだい!もう、返せる訳ないよ。どうすんだい?カモ!このカモ中のカモ!あっしはバカなんですかい?カモなんですかい?カモはバカに決まってんだろ!バカ!カモ!旦那、何か今日、嫌な事あったんですか?ないよ!お前に会うまでは、いい朝だったよ!で、何だい、金なんか貸せないよ。いえ、話ってのはそれじゃないんで。え?借金はどうしてんの?返してますから、月に5円ずつ。サングラスのオジさん、可哀想だよ。で、話ってのは何なんだい?最近、うちの女房、見かけませんでしたか?そう言えば見かけないね。どれくらい居ないんだい?2年前からです。2年も前?それで今、探してるの?はい、思い立ったが吉日よってね。よってね、のねで、首を傾げるな、バカ。可愛かねぇんだよ。ちゃんと探してるんだろうね。当たり前ですよ。恋女房ですぜ。自分で言うな、こそばゆいんだよ、バカ。どこ探したんだい?サングラスの野郎が、借金の方に連れてったんじゃないかと思いましてね、家まで行ってやりましたよ。そいで?ドアを、ドンドン

ドン、って叩いて、開けやがれ、こんちくしょう!てめえ、人の女房に何しやがんだ!って怒鳴りちらしたら、ドアがガチャっと開いて、野郎が凄い形相で出て来て。引き込まれるね!そいで!野郎、何つった?さっき透析から帰ってきたばっかりで、怠くてしょうがないから勘弁してくださいって。サングラスのオジさん、可哀想だよ。それで、もう思いあたるところは全部探したんですけど、見つからないんでさ。そりゃ、心配だね。でも、借金してたんだろ。怒らしたら、ゴメンよ。でもね、それを苦にして逃げちまったんじゃねぇのかい?旦那!それはないですよ!恋女房だって言ったじゃないですか!ゴメンよ。それはいいけど、こそばゆいって言ったじゃないですか!そっちが嫌だったのかい?人それぞれだね。わかった、わかった。逃げちまった訳じゃねぇんだね。逃げてませんよ。当たり前じゃないですか。恋女房ですよ。こそばゆいんですよ!ただ、他所にいい男ができて、そっちに行ってるだけなんでさ。それを、それを、逃、げ、た、って言うの!ちゃんと手紙も置いて行ってくれたんですよ。探さないでって。三行半だよ!逃げた中の逃げただよ!そんな綺麗な逃げ方、今どきない\xA4

茵Ľ覆鵑任垢ʔ∉┐欧臣罎瞭┐欧燭辰董¦縫筌縫笋靴童世辰討鵑犬磴覆い茵Ľ△燭靴世辰討舛腓辰罰蠅觧槪世辰討△襪鵑世茵Ű┐欧燭脇┐欧燭坊茲泙辰討襪犬磴覆い任垢ʔ◉妬屬靴ǂぁ€Ľ△蠧世覆い茵△海離丱ʔŘǂǂ藜蠢阿量擷諒❹ǂ鵑覆は辰鬚困辰畔垢い討笋辰討襦△海里△燭靴法∋妬屬靴辰董△匹Ω世♢槪覆鵑世ぁĂF訢~燭ʌ硑併槪任癲¤Ą△沺△─ĽŃ阿世茵▲丱\xAB野郎!いい加減にしろよ!バカ野郎!あっしもバカまではいいですよ。そりゃ大学の学の字も書けやしませんからね。え?そんなに?でもね、バカ野郎って何ですか?バカ野郎って。そんなに言うなら言わせて貰いますけどね。あんた、さっきっから旦那、旦那って言われて、散々、偉っそうな事を言ってますけどね、一体、何処の誰なんですかい?

広告を非表示にする