首筋のしこりどの科に行ったらよいか教えてください

------------------------------

アメーバブログ脳神経外科0520

タイトル

首筋のしこりどの科に行ったらよいか教えてください

テーマ

緊張型しびれあだ名です

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

------------------------------

------------------------------

25歳男です。

首筋裏右側右の頬骨の裏あたりにしこりがあります。

症状かどうかはわかりませんが

前はなかったこととして右腕に痺れを感じる時があり、

十分と思われる睡眠1日6時間程度をとっても朝すっきり起きられません。

堅さは指で思い切り押しても崩れず、軽く触っても痛みはありません。

少し力を入れて押すとしこりでなく頭の奥に痛みを感じます。

病院に行こうにもどの科に行ってよいのかわかりません。

2004年12月30日1時28分48秒

------------------------------

ペインクリニック山本クリニック世田谷東京都

ペインクリニック山本クリニック世田谷東京都

ペインクリニック山本クリニック世田谷東京都

ペインクリニック山本クリニック世田谷東京都

ペインクリニック山本クリニック世田谷東京都

ペインクリニック山本クリニック世田谷東京都

ペインクリニック山本クリニック世田谷東京都

ペインクリニック山本クリニック世田谷東京都

ペインクリニック山本クリニック世田谷東京都

ご心配なことと存じます。

御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

しこりそしてしびれ感でくる。

しこりをおすと頭の奥に痛みがあるこの症状症候からは。

典型的な緊張型頭痛或いは緊張型及びその複合病態でいらっしゃいます。

そしてこのしこりは緊張型に特有なもので御座います。

下記順を追って御回答致します。

25歳男です。

首筋裏右側右の頬骨の裏あたりにしこりがあります。

症状かどうかはわかりませんが

前はなかったこととして右腕に痺れを感じる時があり、

十分と思われる睡眠1日6時間程度をとっても朝すっきり起きられません。

堅さは指で思い切り押しても崩れず、軽く触っても痛みはありません。

少し力を入れて押すとしこりでなく頭の奥に痛みを感じます。

病院に行こうにもどの科に行ってよいのかわかりませんとの事です。

御相談者の御記載内容を熟読させて頂きました。

首筋裏右側(右の頬骨の裏あたり)にしこりがあります略頭の奥に痛みを感じますとの事です。

御相談者に元来肩こり頸こり背中こりは御強くはありませんか。

2の症状症候からは

典型的な緊張型頭痛或いは緊張型及びその複合病態で御座います。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態の場合御相談者のように首筋裏側に。

軽く触っても痛みはありません。

少し力を入れて押すとしこりでなく頭の奥に痛みを感じますというようなしこりが良く発生致します。

右腕に痺れを感じるとの事です。

このしびれ感は緊張型しびれあだ名ですと呼称され

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態の患者さんによく出現します。

しこりといい緊張型しびれあだ名ですといい

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態は

頭痛系の病態機能性頭痛なのですが。

頭痛系の症状症候以外の事で患者さんは御自覚症状を感じられることが多いものです。

頭痛系の症状症候以外でくることが多いために正診断率の大変低い頭痛系の病態で御座います。

4に機能性頭痛につき簡単にご説明致します。

機頭痛系の疾患で機能性頭痛には緊張型頭痛片頭痛群発頭痛等があります。

機能性頭痛といわれる頭痛の一群は各の機能性頭痛の成分がよく混じり合います。

機能性頭痛とは中枢神経系の器質的疾患脳腫瘍や脳血管障害等に起因する

症候性頭痛でない場合の頭痛を呼称いたします。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態はこの一種です。

けれども御相談者の御記載内容のように御相談者の場合しこりしびれ感があり。

軽く触っても痛みはありません。少し力を入れて押すとしこりでなく頭の奥に痛みというような症状症候で来るために

正診断率の大変低い頭痛系の病態。

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態は

耳鼻科疾患自律神経失調症メニエル症候群更年期障害

頚椎の疾患うつ状態うつ病心療内科の疾患とよく間違えられます。

意味も無く疲労ですね或いはストレスですね等と医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

一番困るのは頚椎の疾患と間違われることです。

決まり文句のごとく

頚椎の5番6番56の椎間板が磨り減っている

頚椎の生理的湾曲が無く真直ぐだ或いは逆湾曲だといわれてしまいます。

臨床神経学的に頚椎線撮影の画像診断の

症状症候が臨床症候と合致すれば何も問題もないのですが。

99ほぼ100の患者さんで頚椎線撮影所見或いはは臨床神経診断学と合致致しません。

ストレスには弱くなります。因果関係を逆転すればストレスから発生するようにみえるが間違いなのです。

十分と思われる睡眠1日6時間程度をとっても朝すっきり起きられませんとの事です。

緊張型は朝方に症状症候が強くなります。

10

また2月67月、9月11月に症状が悪化発症febjunefallcrisisすることが多いです。

11

午後3時或いは午後の奇数時間帯に眠くなる或いは仕事能力が低下することが御座います。

12

治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性持続性のお薬を内服や外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

13

しっかりと治されるためには頭痛系の疾患がお得意な

脳神経外科専門医の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

6結論

御相談者の御記載内容を熟読させて頂きました。

典型的な緊張型頭痛或いは緊張型及びその複合病態の症状症候で御座います。

軽く触っても痛みはありません。少し力を入れて押すとしこりでなく頭の奥に痛みを感じますを強調されて。

緊張型頭痛のようであると仰られて頭痛系の疾患がお得意な脳神経外科専門医の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

但し脳神経外科専門医の先生の中にも頭痛系の疾患が苦手な先生のいらっしゃいます。

このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

大学病院の頭痛専門外来の

頭痛専門医この名称の専門医はありませんの先生でも。

偏頭痛の患者さんはごらんになられるけれども

緊張型頭痛の患者さんが苦手な先生は多いものです。

一刻も早い御相談者の症状症候の寛解の得られることご回復を心より御祈り申し上げます。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき

ご無事にお大事にされて下さいませ。

何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

2004年12月30日8時29分13秒

------------------------------

アメーバブログ脳神経外科0520

タイトル

首筋のしこりどの科に行ったらよいか教えてください

テーマ

緊張型しびれあだ名です

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

------------------------------